moriteppei’s diary

日々の生活の様子や活動情報、趣味の事など発信します。

立候補しました。

今日、東近江市市議会議員選挙に立候補しました。

ちょうど1ヶ月前に決意を固め、それから毎日、本当に慌ただしい日々を過ごしていましたが、本日無事に出陣の日を迎えることが出来ました。

 

出陣式の挨拶でも述べさせてもらいましたが、日に日に関わってくれる人が増え、みんなが一生懸命に知恵を出し合って僕の為に毎晩会議してくれる様子を見て、僕は本当に幸せな地域で生まれ育てられたんだと感じています。

今日、そんな大好きな西市辺のみなさんと、ジャズフェスの仲間、中学や高校からの友人に見守られながら初めての出陣式をできた事、本当に嬉しく思います。

f:id:moriteppei:20211010225620j:plain

選挙カーではジャズフェスのノリで昼間でも「おはようございます!」と連呼していたので、地元の方に「何時やと思てるねん!笑」「業界人か!笑」と温かいツッコミを受けながら走り回りました。

f:id:moriteppei:20211010225734j:plain

今日から土曜日まで、この調子で全力で駆け巡りたいと思います。

大人の・・・〇〇

僕が初年度から実行委員として関わっている『びわこジャズ東近江』は大人の文化祭だと思っています。

たくさんの大人が地域を盛り上げる為、そして来場者の皆さんに喜んでもらうために様々なイベントや企画を長時間掛けて協議し、それを当日までに形する。

大きなイベントなので苦労することも勿論ありますが、その分、イベント当日に見られる多くの笑顔と、終わったあとの達成感は格別。大人になってからもこんな経験をできる機会ってそうそう無いので、今でも続けてこられたんだと思います。

f:id:moriteppei:20211008235459j:plain

f:id:moriteppei:20211008235515j:plain

f:id:moriteppei:20211008235536j:plain

日曜日からは大人の運動会が始まります。文化祭と違って勝ち負けがある勝負です。

初めての事なので今からドキドキワクワクしています笑

大人の文化祭と同様、自分の中で自分なりの楽しみ方を見つけながら、全力で臨みたいと思っています!

市Pへ

昨日は僕が委員長を担当している東近江市PTA連絡協議会の会議へ。

僕の担当している研修委員会は毎年1月に開催している東近江市PTA大会の開催に向けて頑張っています。

コロナ禍で今までと同じような開催方法が難しい状況ではありますが、みなさんどのように開催し、どのようにしたら多くの人に聞いて頂けるのか、非常に前向きで活発な議論が飛び交い、僕も楽しみながら議事進行をさせてもらってます。

f:id:moriteppei:20211008180706j:plain

来年にはコロナももっと落ち着いて、多くの人に来てもらえるといいなあ。

地域コミュニティー

今から約17年ほど前、僕は1年間だけ市辺公民館で地域ふれあい交流推進員として働いていました。普段は公民館業務を手伝いつつ、主に週休2日制になった小学生・中学生を対象に様々なイベントを企画するという仕事でした。

まだ子育ても未経験の僕にとって子ども達の相手をするという事は難しく感じた仕事でしたが(今ならもっと上手く出来る自信があります笑)、公民館で過ごした1年間というのは地域の人との繋がりが増え、掛け替えの無い経験になったことは間違いありません。

 

公民館を辞めた後、「八日市市50年のあゆみ」という八日市市の市制50週年の記念誌に

f:id:moriteppei:20211007000246j:plain

公民館での経験を通じてを書いた文章が市民からのメッセージということで掲載して頂きました。

f:id:moriteppei:20211007000358j:plain

この文章を見た妻から「え?この時から目指してたの?」と言われました笑
いやいや、当時感じた思いを素直にそのまま書いただけなんです。

地域の人々の自主的な活動、僕は今、これに支えられています。
こういう人が増えると地域が元気になる。

僕もそういう人たちの一員であり続けたいです。

祖父

いよいよ盛り上がって来ました。

f:id:moriteppei:20211005235009j:plain

この数週間、色んな人と会って、本当に色んな話をする機会がありましたが、一番感じたのが3年前に亡くなった祖父への感謝です。

祖父に世話になった、祖父にこんな事を教えてもらった、祖父はこんな人だった。

僕の祖父は静かな人で、家で自分の事を話すことがほとんど無く、今になって自分のおじいちゃんがこんな人間だったのかと、たくさんの地域の方に教えて頂き、今頃になって祖父の温もりを感じています。

今日は東近江市の最初の市長でもあり、祖父の友人でもあった中村功一さんから昔、事務所で使用されていた文房具を一式頂きました。

f:id:moriteppei:20211005235736j:plain

これもきっと祖父が僕に繋いでくれたプレゼントだと思います。
大切に使わせて頂きます!

広瀬未来さん

第2回目のびわこジャズ東近江、僕が初めて音楽チームリーダーを担当した時の事です。

当時ニューヨークに住んでいた広瀬未来さんがデビューアルバム「A DAY IN NEW YORK」のツアーで来日し、びわこジャズ東近江(当時はびわこジャズフェスティバルin東近江)に出演して頂きました。
まだ今ほど熱心なジャズファンが詰めかけることのなかった当時のアピアホールで、全曲オリジナルのエネルギッシュで純真なステージに衝撃を受けました。
CDを売ろうと思えば、お客さんが知ってそうなスタンダードナンバーの1曲でも交えたらいいのに、お客さんに全く媚びることなく、自分の音楽を全力で伝える、僕よりもずいぶん年下のカッコいいジャズマンの姿を見て「僕はこういう人達を応援するためにこのイベントを続けよう」と心に誓ったのを覚えています。
それから何度も、びわこジャズ東近江に全国各地の素晴らしいメンバーと共に出演して頂いたり、滋賀県の高校生の合同ビックバンドプロジェクトの講師に来て頂いたりとお世話になりっぱなし。

そして、毎回、何か新しい景色を僕に見せてくれる存在でもあります。

 

最近では「ももクロ春の一大事」の時にオープニングアクトをお願いし、ももクロと一緒に桃色空で素晴らしい演奏を披露して頂きました。

f:id:moriteppei:20211005002823j:plain

 

そして記念すべきびわこジャズ東近江10周年の時にも出演頂きました。

f:id:moriteppei:20211005003029j:plain

今では考えられないほど密ですね笑

 

広瀬くんの事を本当に尊敬しています。

何が言いたいかというと、僕も広瀬くんのようにどんな時でもブレずに自分の思いをしっかり伝えられる人間になりたいと思う。

指導農業士

先日、何人かの人に「鋤(すき)と鍬(くわ)に載ってたな!」と言われて、何か聞き覚えあるなあと思ったら我が家にも入ってました。
「鋤と鍬」は滋賀県の東近江農産普及課が定期的に発行している広報誌で、市内の農家の方には届ていると思います。
そう言えば、随分前に広報用の写真を送って欲しいと県の担当の方に言われて送ったけど、こんなにでっかくカラーで紹介されるとは思っていなかったので、その場で自撮りした写真を送ってしまい、、、反省です。髭面で人相が悪くて恥ずかしい限り。
・・ということで、今年の4月に滋賀県指導農業士として新たに認定して頂きました。

f:id:moriteppei:20211004012326j:plain

これからはジャズの振興だけでなく、地域農業の振興にも精一杯頑張りたいと思っています!!!