moriteppei’s diary

日々の生活の様子や活動情報、趣味の事など発信します。

私立保育園・こども園園長会との意見交換会

 4月12日(火)に福祉教育こども常任委員会と私立保育園・こども園園長会の意見交換会が開催されました。
 この意見交換会には八日市めぐみ保育園、そらの鳥こども園、ふたば保育園、八宮こども園こども園あっぷる、延命こども園、むつみ保育園、かすが保育園の園長先生に参加いただき、保育環境の現状や課題について約1時間30分にわたり、活発な意見交換をさせていただきました。
その時の内容を記事にし、次回の議会だよりに掲載される予定ですが、紙面の文字数の関係で詳細までは書ききれないのと、記事を書くにあたってせっかく色々とまとめた事もあり、こちらのブログでもう少し詳しく紹介させていただきます。意見交換会の中では他にも様々な要望がありましたが、特に大きく4つの事柄についての意見が印象に残っています。

  • 給食時のアレルギー対応
    以前よりも食物アレルギーの子どもが増えている現状の中、少ない調理スタッフで個々のアレルギーに対応した除去食の調理を行うことが非常に大変。しかし、命に係わる重要な事なので精一杯対応していただいている。またアレルギーの子どもには別の食材を準備する必要があるため、食材費もかさむ。
  • 職員配置基準の見直し
    職員配置基準の計算方法の見直しがあり、算出方法が変更された。この変更により、ただでさえ保育士不足の現状の中、配置基準を満たすためにさらに人材確保をする必要が出てくる。また、配置基準を満たせなければ預かれる子どもの数が減少してしまう保育園が出てくることになる。
  • 慢性的な保育士の人材不足と採用難
    採用難という現状の中で、大手求人サイトを頼って募集を行っても採用に至らず、広告料を支払うだけの結果になってしまう。また、就活側からすると求人サイトを通じた就職活動は内定を断ることも運営側が行ってくれるため、利用しやすい側面があり、以前よりも増えつつある。
  • 看護師の配置の有無による保育活動の違い
    意見交換会に参加された園の中で看護士がいるのは4園だけ。看護師は保育士よりも人件費が高いが、それに対する補助はなく、限られた財源の中で採用することが難しい。しかし、看護師がいないと、医療ケア児の対応や、園児がケガをした時に保育士では判断が難しい、また新型コロナウイルスに対しても専門の知識がなく対応が難しいなどの問題が出てくる。

知らない制度のことや、保育現場の現状や課題を知ることができ、とても勉強になる意見交換会でした。

市辺駅が綺麗になりました

今日は朝から近江鉄道さんが主催されている清掃活動に参加しました。

沿線の様々な駅で活動されているようで、今回は息子2人が毎日利用している地元の市辺駅です。

f:id:moriteppei:20220417192109j:plain

この日は天気も良く、近江鉄道の職員さんや、ボランティアの方々など大勢の方が活動に参加されていました。

今回の清掃活動は古くなってサビが目立つようになっていた手摺りをサンドペーパーで磨き、その後でペンキ塗りです。

f:id:moriteppei:20220417192356j:plain

 

f:id:moriteppei:20220417192438j:plain

近くで見ると塗り方のアラは少しあると思いますが…笑

車で前を通ると真っ白な手摺りになってとても綺麗になったと感じられます。気持ちよく利用していただけると嬉しいです。

3月議会一般質問です。

昨日、代表質問が終わり、本日から一般質問が始まりました。

いつもは持ち時間が25分ですが、3月議会は代表質問がある関係で持ち時間が5分短く20分です。今日の一般質問を聞いていると5分違うだけで体感的に凄く早く感じますし、再質問の時間でどれくらい伝えられるか心配です。

まだ2回目で時間配分や組み立て方の感覚が分かってませんが、前回の反省を活かして、理事者側の答弁をしっかり聞きながら、与えられた時間の中でどの発言にプライオリティを置くかしっかり考えて臨みたいと思ってます。

今回は市のアグリプランと農業関係の新年度予算ついて質問します。

明日のトップバッターなので9時半くらいに登壇予定です。

http://www.higashiomi-city.stream.jfit.co.jp/?tpl=play_live&room_id=1


f:id:moriteppei:20220309191219j:plainf:id:moriteppei:20220309191150j:plain


河川整備推進特別委員会と防災ラジオ滋賀

今日の午後からは河川整備推進特別委員会でした。
前回、委員長、副委員長が選出されてからは初めての委員会です。

最初に担当部長&課長から市内主要河川(愛知川・日野川・蛇砂川・八日市新川・大同川)の整備状況と今後の計画を説明していただきました。
僕の住んでいる所は川から少し離れていて、防災マップに掲載されている洪水ハザードマップでも想定浸水深が0(ゼロ)になっているので、今まで特に大きな水害もなく、これまでは当事者意識の薄い事柄だったのでこの委員会でしっかり勉強したいと思います。

状況説明の後は佐久良川と八日市新川の現地視察へ。

f:id:moriteppei:20220209180716j:plain佐久良川は浚渫工事後の現場を見学しました。

f:id:moriteppei:20220209180800j:plain上の写真、下半分の白い部分まで土が覆っていたそうです。
色が変わっているのでどれだけ土が溜まっていたのかがよく分かりました。

八日市新川の工事現場です。

f:id:moriteppei:20220209181324j:plain

f:id:moriteppei:20220209193352j:plain

f:id:moriteppei:20220209182501j:plain
土の中には廃棄物もたくさん含まれているので掘削が大変そうでした。

f:id:moriteppei:20220209181416j:plain
暫々定通水の隣に新川が作られています。
新しく川を作る現場を初めて見ました。
大規模な工事ですが、早く整備が完了して地域のみなさんがより安心して暮らせるように、市からもしっかり要望していきたいです。


※追記
2月11日13:00~防災ラジオ滋賀が開催され県内のラジオ局が共同で防災特別番組を特集されます。

www.nhk.or.jp

今年のテーマは「災害遺構」ということで、我らが『FMひがしおうみ(RadioSweet)』からは防災博士のsariさんが出演され、能登川の伊庭にある明治29年大洪水碑について紹介されるそうです。

2月11日はラジオを聴いて今一度、地域に伝わる災害への教訓を知る切っ掛けにしてはいかがでしょうか!

長野県視察

1月12日、13日は八日市共販胡瓜部会で長野県へ視察研修に行ってきました。
1日目は個人で胡瓜の自動選果機を使用されている農家さんのところへ行き、実際に使用されている様子や、使用感などを教えてもらいました。

f:id:moriteppei:20220207175731j:plain

午後からは、ときわ種苗でお世話になっていた滝沢さんの農場へ。山々に囲まれた美しい場所に何棟ものビニールハウスが建っていました。

場所が違うと使用されている資材なんかも違ったり、初めてみる資材もあって勉強になりました。

f:id:moriteppei:20220207180311j:plain

f:id:moriteppei:20220207180335j:plain

夜は昭和レトロな温泉街の近くで宿泊でした。f:id:moriteppei:20220207180555j:plain

f:id:moriteppei:20220207180515j:plain

翌日は色々な農作物の自動選果機を製造されているオギワラ精機さんへ。

最新の胡瓜の自動選果機を見せてもらい、実際に使用させてもらいました。

f:id:moriteppei:20220207180905j:plain

機械のスピードについていくのに必死でした(汗)

慣れれば作業効率はアップするかもしれませんが、選果が大きさや重さだけの判断になることや、規格のデザイン設計をしっかりやらないと実用するのが難しい点など、八日市共販胡瓜部会の選果基準と照らし合わせると、導入面での課題もあると思います。

午後からは雪の善光寺を観光して滋賀へ戻りました。

f:id:moriteppei:20220207181543j:plain

f:id:moriteppei:20220207181418j:plain

いい勉強になりました!


仕事納め

12月23日に12月の定例会が閉会しました。

臨時特別給付金として、子育て世帯への子ども一人当たり10万円の現金一括支給を含む全ての議案と二つの意見書が可決されました。

令和3年12月定例会 議案の内容及び審議結果 | 東近江市ホームページ

 

今までTVやネット配信でしか見たことがなかった議場の中に自分も身を置き、先輩議員さん達の質問の様子を間近で見るのは、映像では感じられない迫力や表情が見られ、とても勉強になりました。

音楽でも一緒ですが、やっぱり『生(ライブ)』がいいですね!


今日は朝から今年最後の議会だより編集委員会ですが、大雪のため開始時間が1時間遅くなりました。
市役所に来るもの今年で最後かな?

f:id:moriteppei:20211227094551j:plain

会派室からの眺めです。

一般質問が終わりました

12月13日(月)は一般質問の日でした。僕は3番目です。

今回は選挙公約にも掲げていた「文化芸術の振興について」と「農業政策」についての大きく2つについて質問を行いました。

 

初めての議場での質問はとても緊張しましたが、多くのみなさんのご支援があって立たせていただける場所だということを忘れずに、お世話になった色んな方々の顔を思い浮かべながら登壇させて頂きました!

f:id:moriteppei:20211218151415j:plain

文化芸術の振興については、部局横断的な取り組みが大切だと思い、まずは小椋市長に東近江市における文化芸術の位置づけと効果について」考えをお聞きした後、文化スポーツ部長に「文化というものをより包括的にとらえ、あらゆる文化活動へ取む意思について」、教育部長へ「生涯学習課での芸術の振興について」、商工観光部長へ「観光政策における文化芸術の役割について」、健康福祉部長へ「地域福祉において文化芸術の役割について」と各部署に様々な質問を行いました。

 

冒頭の小椋市長は

「文化芸術の振興は、文化的な環境の中で暮らしの質を高め、人生をより豊かにするとともに、新しい人の流れと高い付加価値を生み出し、観光振興や定住移住施策にも結びつく、重要な政策である」と答弁され「これからの東近江市の発展のための大きな要素になるもので、とりわけコロナ禍における閉塞感打開、さらに、これからのクオリティの高いまちづくりに大きく寄与するものである」と、東近江市において文化芸術の振興が様々な場面でとても重要なことだと答弁いただけたのが凄く嬉しかったです。

f:id:moriteppei:20211218154036j:plain

農業政策については「農作物の価格低迷と原油高における市の現状と支援策について」と「人・農地プラン」について質問を行いました。
「価格低迷と原油高」については前日にも僕と同じような質問を行っていた他会派の議員さんがおられたので市の答弁は思っていた通りでしたが、再質問では実際の農家として僕が感じている状況を精一杯伝えさせていただきました。
「人・農地プラン」については、緊張していて再質問を行うの忘れてすっ飛ばし、次に行ってしまいました…!!!(反省)
これは本当に大切な取り組みだと思っているので、次回以降また取り上げさせてもらいます。

ということで、初めての一般質問はイメージしてたものと、実際に体験するのでは全然違うもので、緊張もしましたし、思い通り時間配分も出来なかったという反省点もありますが、この経験を次回以降活かせるように頑張ります!

当日のアーカイブ映像が配信されますたので、リンクを貼らせてもらいます。